FC2ブログ

0-01.新ブログ『クルマの歴史300話』のご案内①

■ブログ『クルマの歴史300話』のシンボルロゴ

ブログ『クルマの歴史物語』には特別なシンボルロゴというようなものはありませんでしたが、ブログ『クルマの歴史300話』をスタートするに当たり、新たにシンボルロゴを作成しました。
子のシンボルロゴに関する「クルマの歴史」及び「蜷田晴彦 著・画」のフォントは、DFGロマン雪W9を採用しますが、“300”だけは「HGP創英角ポップ体」とします。
タイトルの文字の大きさは28ポイントで、著者名は20ポイント。
英文のフォントはVctorianの20ポイントで、先頭文字は26ポイントとします。


第一巻表紙

〈『クルマの歴史300話』のシンボルロゴ〉

■ 『クルマの歴史300』での凡例について 

『クルマの歴史300話』で採用した表記方法については、『クルマの歴史物語』時代に採用した以下に表現基準によって記載します。

* 人名、地名などは、小学館発行日本大百科事典「スーパー・ニッポニカ2002」での日本語表現を優先して採用した。これに記載されていない項目については、著者の判断による。
* 自動車のブランド名や車名は、〈プジョー〉などのように、〈 〉で括って表現した。
* 自動車の排気量は、1,000㏄以上は100㏄単位を四捨五入してリッター単位の表現とした。1,000㏄以下の場合は、10㏄単位の四捨五入での表現を原則としたが、原則どおりでないものもある。
* 単位は、メートル法表記を優先するが、そうでない場合もある。


トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する