FC2ブログ

82話.シルバーゴーストの誕生〔後編〕

《 主な登場人物 》
■フレデリック・シムズ:1863年生まれ。ダイムラー社の価値を見抜いたイギリス人。
■ハリー・ローソン:1852年生まれ。イギリス最大のカーグループづくりに励む事業家。
■フレデリック・ランチェスター:1868年生まれ。ダイムラー社に移籍したイギリス人。
■ウィリアム・ヒルマン:1840年頃の生まれ。自動車ビジネスに挑戦するイギリス人。
■フレデリック・ロイス:1863年生まれ。ロールス・ロイス社の創業に参加した技術者。
■チャールズ・ロールス:1877年生まれ。ロールス・ロイス社の創業者で営業担当。

 C.ロールスとF.ロイスが設立したロールス・ロイス社は新型高級車開発に取り組んだ


名車ロールス・ロイスの誕生ストーリーは、既に本書の「74話 ロールス・ロイスの誕生」で語られているが、本話はその続きとなる。

ロンドンの貧乏人の子供として徒弟仕事からはい上がったフレデリック・ロイスは、フランス製の中古車ドコーヴィルを買ったことがきっかけとなり、ガソリンエンジン車をつくってしまった。
このクルマがどのように評価されるかを試してみようと思って、試走会に持っていったところ、チャールズ・ロールスという青年と出合うことになった。

ロイスのつくったクルマを運転したロールスは、今までイギリス製の自動車では一度も経験したことのないエンジンの安定性と信頼性に驚き、ロイスのエンジン技術に賭けてみようと考えた。

そこで、ロイスとの共同事業のアイデアが浮かび、この話しをロイスに持ちかけた。
両者による協議の結果、“ロールス・ロイス”というブランドで高級車ビジネスを興すことが合意された。


新たに発足したロールスとロイスのパートナーの役割は明確である。
ロールスの仕事は、時代の流れを把握してロイスがつくるクルマのコンセプトを定めることと営業であった。

この頃、イギリスにおける自動車ユーザーはとてつもない金持ちに限られていた。
移動手段としての実用性では、自動車はとても馬車にかなわなかったので、金持ちが自動車に求める機能は馬車にはないもの、すなわちスピード性、ファション性、デザイン性などであって、これらは感性に属しており、ロールスのセンスには得がたいものがあった。


ロールスより14歳年上で実直な技術者であるロイスの役割は、故障することなく長期間安定して使うことができる信頼性ある自動車を設計して、これを実際に製作することにあった。
「商品というものは、いくらで買ったかを忘れられた後でも、クオリティだけは永遠に残る」が口癖のロイスによる“品質第一主義”に徹したクルマづくりは、創業以降変わることがなかったがゆえに、ロールス・ロイス車は長きにわたって生き残ることができるのである。



 F.ロイスがこだわった品質第一主義の哲学は、ロールス・ロイスの名声を高めた 


1904年12月の新プロジェクト発足後、フレデリック・ロイスが手掛けた仕事は新エンジンの開発であった。
それまで2気筒であったエンジンを、よりスムースに回すために多気筒化することをチャールズ・ロールスから要請を受けたからである。

このテーマに対してロイスは短期間で、2気筒、3気筒、4気筒エンジンの同時開発という驚くべき答えを出したのである。

シリンダーとピストン、そして関連する部品は全て共通化する。
これがロイスの発想であり、いろいろ試行を繰り返して1気筒1リッターシリンダーブロックができ上がった。
これを2つ組み合わせた2気筒10HP、3つ組み合わせた3気筒15HP、4つ組み合わせ4気筒20HPエンジンができ上がった。
これらのエンジンを搭載し、ボディやサスペンション、ステアリング装置などを全面的に見直した新型車が完成し、〈ロールス・ロイス10HP〉とネーミングされたクルマの生産が開始された。
これだけのことを、わずか1年間でやり遂げたところにロイスの偉大さがあった。


スムースに回る新型エンジンに自信も持ったロールスは、ロイスによって完成したばかりの新車をパリサロンに出展するためにドーヴァー海峡を渡った。
パリサロンは上流階級の人々の社交場で、金持ちたちの興味を引く種々の商品が展示されていたが、イギリスからやってきた新ブランドの高級車は人々の目を引いた。
ここでロールスの商才がいかんなく発揮され、数多くのオーダーを取ることに成功し、新生ロールス・ロイスは順調なスタートを切ることができたのである。

ロールス・ロイスのボディは、馬車の車体をつくっているコーチビルダーが製作するというのが基本であり、コーチビルダーとして馬車時代からの老舗であるベーカー社が起用されて、お客様の要請に応えるボディを製作することになった。



 直6エンジンの〈ロールス・ロイス/シルバーゴースト〉に世界最高の折り紙がついた


フレデリック・ロイスの信条は、品質第一である。厳しい競争を生き抜くためには品質は絶対であって、これで負けるようなことはロイスにとっては“死”を意味することになる。

ロイスが採った解決方法は、できたての新装置や新機構をすぐに使用しないで、信頼性評価が定まってから使うこと、そして部品の精度に徹底的にこだわること、の2点を特に重視した。

部品に関しては、産業革命が進行していたイギリスでは、世界最高水準の部品を製作できる工作機械が続々と開発されていたので、精度は急速に良くなっていた。
それでもばらつきは避けられないので、自分の規格に合致する部品を厳選した。


次なるロールスの開発テーマは、6気筒エンジンを搭載する最高級車の開発であった。
この時代の自動車産業は蒸気自動車と、電気自動車、ガソリンエンジン車の競い合い時代であった。
蒸気自動車がいち早く脱落したが、電気自動車は走行距離が短いという欠点がありながら、騒音と振動に関してはガソリンエンジン車に対して優位に立っていた。

そこで、ロールスは静かで振動の少ない多気筒車、中でも夢のエンジンともてはやされていた6気筒エンジンを搭載する最高級車をつくることが、電気自動車に対抗できる切り札と考えたが、ロイスの技術力をもってすれば、エンジンづくりは難しい仕事ではなかった。

ロイスが新たに設計した新型車は、この時代としては最高級車に属し、出力50HPを発揮する排気量7リッターの直列6気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは前進3速にオーバードライブを加え4速となっていた。
このクルマは速く走るというよりは、ゆったりと静かに走るというコンセプトで貫かれていて、最高スピードを競い合っていた時代としては極めて個性的な設計方針であった。

こうして1906年11月に、新型車〈ロールス・ロイス40/50HP〉が発表された。

生産に当たって、ロイスの完璧主義のため工場作業員は苦労が絶えなかったが、翌年に市販1号車が完成した。
このクルマはシャシーだけで1千ポンドの値段がついたが、購入者はこの他に自分のお気に入りのボディを儀装しなければならないから出費はたいへんな額であって、並みのお金持ちでは手が出せなかった。

ロールス・ロイス社総支配人はチャールズ・ロールスの学友のクロード・ジョンソンである。
ジョンソンは、新型の40/50HPモデルの優秀性をどうしたらわかってもらえるかに知恵を絞って、ACGBIから名称を変更したばかりのRAC(王室自動車クラブ)が主催する長距離ノンストップ記録会に挑戦することを考えた。


Johnson,Claude①第二巻082話
〈ロールスの学友のクロード・ジョンソン〉





ジョンソンが用意したクルマは、フレームからボディまで全てをシルバーに塗装し、さらに通常はニッケルメッキである光物の部分を全て銀メッキにして、ウィンドシールドの上に“ザ・シルバーゴースト(灰色の幽霊)”と記したネームプレートが付けられた。
このネーミングは、幽霊のように音もなく,すべるように走るクルマをシンボライズしたものであって、ここに自動車史上に燦然と輝く名車が誕生したのである。

ジョンソンが参加を考えた長距離ノンストップ記録会は、ロンドン⇔グラスゴー間を行ったり来たり連続して2万4千キロをノンストップで走ろうというものである。
それ以前1万キロを連続走行した記録があったが、〈ロールス・ロイス40/50HP〉の挑戦は従来記録の2倍以上の距離があって、スタート前から大いに注目を浴びることとなった。

このクルマは、最終的に目標とした距離には千キロほど届かなかったが、地球を半周する距離をノンストップで連続走行するという驚異的な記録が樹立されることになった。
停止後直ちにRACのスタッフによって、エンジンを始めとした主要部品の分解調査がなされたが、驚くべきことに全ての部品に何の異常も見出されず、エンジンを始動すれば、そのまま走り出せる状態にあったという。
こうしてロイスの設計の正しさと、部品と組立精度にこだわる技術水準の高さは、RACの高評価に繋がった。
この記録会の結果は、RACレポートとして公表され、〈ロールス・ロイス40/50HP〉は、多くの自動車ファンから尊敬をこめて“シルバーゴースト”と呼ばれることになるのである。


082話ロールスロイス・シルバーゴースト
←自動車史に燦然と輝く名車〈ロールス・ロイス/シルバーゴースト〉








(〔82話〕はここまでで、〔83話〕は来週の火曜日に掲載。)


トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する