FC2ブログ

125話.ブガッティがつくった傑作車〔前編〕

《 主な登場人物 》
■エットーレ・ブガッティ:1881年生まれ。オリジナル車の開発に熱中する技術者。
■エルンスト・フリードリヒ:1888年頃の生まれ。エットーレ・ブガッティの忠実な助手。
■リヒャルト・イエニケ:1861年頃の生まれ。ヴァンダラー社を設立するドイツ人事業家。
■ヨハン・ヴィンケルホッファー:1861年頃の生まれ。ドイツのヴァンダラー社の創設者。



 レースでの勝利を狙うE.ブガッティに、E.フリードリヒからドライバーの自薦があった 


ドイツ・ガソリンエンジン社を辞職したエットーレ・ブガッティは、精魂かけて設計した排気量1.3リッターの直列4気筒エンジンを載せる小型軽量のスポーツ車を試作し、このクルマを生産する工場をアルザスに建設するビジネスプランを作成した。

幸いにしていちばん心配した資金的な問題に関して、銀行の支援体制を確保することができて、順調に事業は進展することになり、生産体制も軌道に乗ってきた。

ブガッティ社は宣伝というものをおこなわず、営業は各地の代理店にまかせっぱなしだったので、レースだけが自社のクルマの優秀性を宣伝する場となった。

レースで勝利するには、ロードホールディングがよくスピードが出るクルマと、それを自在に操ることができる優秀なドライバーのベストマッチングが欠かせない。
クルマはできたので、誰かいいドライバーがいないかと探すことになったが、腕の立つドライバーはどこかの会社と専属契約を結んでいるので、エットーレ・ブガッティの目にかなう人材をなかなか見いだすことができなかった。


Friderich,Ernst第三巻125話
〈ブガッティに師事するエルンスト・フリードリヒ〉








そんなある日、エルンスト・フリードリヒがいつになく深刻な顔をしてブガッティに話し掛けてきた。
「社長。今日は少しお願いがあるのですが」

「フリードリヒ君。いったいどうしたんだ。何か問題でも発生したのか」

「この前から社長は、フランスグランプリに出場するドライバーを探していますよね」

「そうなのだ。君は、腕の立つドライバーを見つけてきたと言うのかね」

「そういえば、そうなのですが・・・・」
なぜか、フリードリヒは言いよどんだ。そして、「僕でどうでしょうか」と続けたのだ。

ブガッティにとっては、思わぬ申し出を聞くことになった。
「君、そんな!」
フリードリヒの申し出に、絶句してしまったブガッティは、この事態をどう収拾したらいいのか、考え込んでしまった。

このまま、腕の立つドライバーを探し続けるのか。
それとも、フリードリヒの申し出を受け入れるのかを考えているうちに、フリードリヒに賭けてみようかなという気になってきた。
しかし、ここでOKを出したらつまらないので、フリードリヒを刺激してみようと考えるうちに、アイデアが浮かんできた。

ブガッティが再び口を開いた。
「確かに君の運転の腕はたいしたものだ。しかしレースはそんな甘いものではない。そこで、君が本当にレースで勝てるかどうか、試してみよう。うちのテストコースは1周1.8キロになっている。ここを、1分30秒以内で回れば、優勝のチャンスが巡ってくるが、私が挑戦した最高記録は1分42秒だ。1カ月の時間をあげよう。1カ月後がフランスグランプリに出られるかどうかの予選レースだと思ってくれ」

「よくわかりました」
フリードリヒは喜びの表情を浮かべて返事をした。

実のところ、今まで社長に黙っていたが、密かにクルマを持ち出して、テストコースでスピード走行の練習を重ねていたのだった。
すでに社長が言った最高ラップの1分42秒を突破し1分33秒に達していたのである。
これからは、正々堂々と練習ができる。そうなれば3秒短縮することは難しいことではないと確信したのだった。



 レースに初出場したE.フリードリヒ運転の〈ブガッティ/タイプ13〉は初優勝を飾った 


ブガッティ社長が本気になってレースに参戦したのは、1911年にル・マンで開催されたたフランスGP(このレースはACF・GPとは違うレース)である。

初出場の〈ブガッティ/タイプ13〉のハンドルを握るのは、これまた初出場のエルンスト・フリードリヒとなった。
フリードリヒは1カ月間の練習期間に、本格的に自動車レースの運転技術を磨いた。
ラップタイムは最初の1週間は1分30秒台であったが、運転のポイントが分かってきた2週間目以降は出場ラインの1分30秒を割るようになり、最高記録で1分18秒を達成するまでになっていたのである。

フランスGPレースは車両重量別に3つのクラスに分けられていたが、〈ブガッティ/タイプ13〉はいちばん軽いクラスであり、スタート直後からトップにたったフリードリヒは、一度も他車にトップを譲ることなく、大差をつけてゴールインしたのである。
このレースの記録は、全クラスを総合しても、モンスターエンジン搭載のフィアット車に続く2位に入るという、すばらしいものであった。


〈ブガッティ/タイプ13〉は、パワーが他車より勝っていたわけではない。
全体のバランスがすぐれていて、特にロードホールディングの良さは抜群で、レースで優勝を重ねることによってブガッティのブランドイメージは徐々に形成されていった。

このクルマは1910年の売り出し開始年度は、わずか5台しかつくられなかったが、翌1911年になると、工場従業員の慣れが加わり生産性が向上し、75台の新車ができるようになり、以降順調に受注を捌いて累計で2,500台という台数がお客様に提供されるというヒット商品となるのである。

こうしてブガッティ社は、つくった全てのクルマを、ライバル車よりも高い価格で売り切ることができるようになってきたが、ブガッティ社長はド・ヴィスカヤ副支配人との約束を守って、会社の規模を決して大きくしようとはしなかった。

(金曜日の〔125話:後編〕に続く)


トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する